読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳。

僕がメモを取りたいと思ったことを殴り書きする場所です。 役に立つメモがあるかもしれませんがゴミ以下が多いはず。文章もおかしいですが生暖かい目で見守ってください。

【グラブル】シエテって本当に強いの?【十天衆】

十天衆についてお話しします。

みんなぁ・・・「十天衆」って・・・

知ってるかな?・・・・・

「十天衆」というのはね・・・

・・・たとえば・・・・!

一番力を入れている属性を・・・

強化すると・・・・

気持ちが良い、とか・・・

あるいはぁ・・・

キャラが少ない属性をぉ・・・

・・・・底上げすると・・・

気持ちが良い。

といったことを・・・

「十天衆」というんだ(棒)

よい子の、みんなの・・・

強さは・・・・

キャラ性能に・・・・・・・・あるんだよ(大嘘)

初めに

十天衆紹介記事なんて書きますが、僕自身十天衆はシエテとニオしか持ってません。

ですのでシエテとニオ以外の十天衆についてはwikiを見て思った適当なエアプ評価か実際に使用している人の声、動画を見てのことになります。

十天衆について適当に説明したので本題に入ります。

予防線も張ったから安心!
十天衆シエテ

こいつはいろんな攻略サイトでめちゃくちゃ強いって評価されてます。

実際に使ってみるとソロだとめちゃくちゃ強いです。

強い理由はサポートアビリティの奥義ダメージ+1.5倍もありますが「クオーレ・ディ・レオーネ」による味方全体が即時奥義発動ができることです。

ユグドラシル・マグナのような連続攻撃を多用する相手にはなかなか発動できないアビリティですが他のボスなら割と剣光Lv3まで行きます。

僕はニオを持っているので、
1ターン目にニオで睡眠にして剣光Lv1

2ターン目にベルセルクの「ウエポンバースト」とガウェインの3アビ(ダメージ70%カット)を使いシエテ取得時に風に属性変更した七星剣の奥義効果で100%カット(剣光Lv2)

3ターン目に「エンブレーマ」を使い剣光Lv3にして「クオーレ・ディ・レオーネ」という運用をしています。

短期決戦だと奥義をたくさん打てたほうが強いのは間違いないので強く見えませんか?

シエテ自身のサポアビで奥義も上限まで出ていることでしょう。

バトル開始時からのターンあたりのダメージ量で見れば序盤最強になると思います。(ゾーイで背水することを除く)

などとめちゃくちゃ褒めていますがそれはソロの短期決戦だけでの話。

HLマルチバトルや古戦場HELL等で考えたらどうなるでしょうか?

まず「エンブレーマ」こいつは毎ターン発動しないとシエテが強化されないことや攻撃を受けて解除されてしまうことが欠点です。

シスのサポートアビリティ「神狼」と同じでは?って思った人もいると思います。いません話を続けやすくしたいだけです。

ですが「エンブレーマ」はアビリティです。しかもアビリティ演出もそこそこ長いです。マルチで速度だすにはこんなの使えません。

では使わなければいいのでは?

「エンブレーマ」を使わない場合「クオーレ・ディ・レオーネ」も使わないことになり使うアビリティは上限60万の「インフィニートクレアーレ」(こいつも序等のアビリティと比べると演出長い)だけになります。

つまりマルチバトルでシエテがいることによるメリットは奥義ダメージを1.5倍にするという点だけになります。

奥義ダメージを1.5倍それだけでも強く見える人もいるかもしれません。僕も昔はそう思ってました。

ですがグラブルにはダメージ上限(実際には高倍率の減衰)というものがありダメージを1.5倍しても上限は1.5倍にならないため装備が整うとシエテなんていなくても簡単に奥義上限に届いてしまいます。

(風はマグナ武器が非常に強力で奥義上限行きやすいですしね)

こいつ本当に十天衆頭目なんだろうか

以上のことから僕は他の十天衆より優先してシエテを取ることを推奨しません。

風を強くしたくて十天衆を取るならニオを取りましょう。ニオ強いです。コルワと合わせるとDA確定とかします。強いです。

最後に

シエテについてぼろくそ書きましたがソロでは強いですしステータス自体高いので他にキャラがいないならスタメンにも十分なリえるキャラだとは思っています。

実際ソロ用の編成にはシエテ入ってますし。予防線其の2

ですが「十天衆」という素材を多く使い入手経路が限られているヒヒイロカネを使って入手するキャラとしては微妙と考えました。

十天衆何を取るか迷っている人の道しるべになればうれしいです。

なんでこんなぼろくそに叩くのにシエテを取ったかって?

十天衆紹介でこいつだけ評価が高かったからだよ畜生!

初心者を微妙なキャラに誘導しやがって

記事内でニオについてたくさん喋りましたがニオ用の記事も書く予定です。(予定は未定)